読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【やってみた】アプリで恋人さがししてみたお話 

たしかあれは、27歳くらいのとき。

1年ほど彼氏がいなかったのですが、

その頃お付き合いのあった友人たちは肉食キラキラ系ばかりだったため、

「なんで彼氏つくらないの??枯れるよ??」

的な心配をよくしていただき、結構な頻度で合コンに参加するも、

来るのももちろんキラキラ系男女。

激務に疲れ果て、枯れかけていた27歳の私にとっては高ハードルすぎて

一向に報われる気配はありませんでした。

 

※注:キラキラ系男女とは・・・学生時代からみんなの中心的存在。

偏差値高い大学のサークル幹事などを任され、なんなら学生時代から起業

してたり、社会人1~2年目から勝どきやら西麻布やらの高級マンションに

なんの疑問やためらいもなく住めるようなお仕事をされている方々。

交流会の幹事にはこういうタイプがめっちゃ多かったなあ・・・

(中高は男子校、女子高で交際経験ほぼなしって人が多くて

たいてい大学デビューのはずなのに←、駆け上がるスピード半端ないよ・・)

 

なんとなく、その頃の人間関係に疲れていたのもあったんでしょうね。

自分の価値観や雰囲気に合った人とお付き合いしたいと思い、

婚活アプリを使ってみることに。

 

利用したのは、

・ゼクシイ婚活

・OMIAI

・ペアーズ

などなど、一通り利用。

その中では、ゼクシイが一番サイトが見やすくて、

「会ってみたいな」と思う人が多かった印象。

(結局3名お会いしたのですが、2名ゼクシイでした)

 

最初は、条件など絞り込まず検索していたものの、

案外どのサイトも結構な人数がいて混乱したため、

僭越ながら下記のような条件をもうけることに。

 

・未婚(婚姻歴なし)

・25~33歳

・年収:自分と同程度

・住所:東京/神奈川/埼玉

 

あとは、自己紹介文と写真を見て、

なんとなく印象が良い方には自分から「いいね」的なボタンを押しまくりました。

(まずは攻めるタイプ)

 

ちなみにですが、

笑顔で正面でピースしている写真をトップにしている人を

無意識的に選んでた気がします。

なんとなく裏表ない人なのでは・・って理由。

あとは、絵文字とか★とかを多用する自己紹介文は、敬遠してました。

 

超勝手ですが、

きっとこういう人って、お仕事ではきちんとした丁寧な文章で

やりとりしているはずなのに、こういうサイトでは

別のキャラで通そうとしているのかも・・・なんて妄想してしまい。

勝手な妄想で合う合わないを決めてしまって申し訳ないのですが、

ネット上の情報で判断するには、妄想力しかないってことで。

(なんか偉そうにすみません)

 

というわけで、その後独断と偏見で「合いそうだな」と判断した方と、

2~3通メールしてみて、危なくなさそうと判断したらとりあえず会ってみることに。

 

3名とお会いした感想は、

アプリって、こんなに普通の男性も登録してるんだな!!!!でした。

(もちろん普通というのは、良い意味で!)

 

3名お会いしたのですが、

2名は一般企業にお勤めのサラリーマンで、

1名はフリーランスの方でした。(事前に確認済み)

清潔感のある外見、長年働く中で養ったコミュニケーション力など、

本当に、もう、

なんで彼女できないんだろうこの人たち。って人ばかりでしたね。

あ、でも一人だけ、最初は普通だったのに、

酔いが回ってきたのか、だんだん距離が近づいてきて

申し訳ないけど

「きもっ!!!」って思ってしまった男性がいましたね。

 

結局その方々とは、なんとなく恋愛に発展せずに終わりましたが、

婚活アプリについてのイメージは完全にクリーンになったので、

また機会があれば利用したいなと思いました。

 

なんて、上から目線で書いてますが、

残念ながら27歳のあの頃と、アラサーの今では、

男性からの、むしろサイトからも扱いが違うんでしょうね・・・

 

「あなたの年齢で結婚したいなら、

○人と会う必要があります。

本日時点の進捗20%!あと○人に会いましょう!」

みたいな、サイトも余計なお世話とかし始めるんだろうな・・・

日本人の年齢プレッシャーやばい。

 

それでも、

どれだけ日本人の若者崇拝を肌で感じようと、

年齢コンプレックスに苛まれようと、

顔面コンプレックスで苦しもうと、

私はきっと、

婚活アプリを使ってしまうんでしょうね。

その時がきたら。

(その時って一体なんだろう) 

 

 

とりあえず、やってみよう。